メインイメージ画像

無線LANを使用したインターネットの速度について

IT社会の進歩と共に、ネットは、どこの家庭にもあるといえるくらい普及してきていますが、速度という点では大きな違いがあります。無線LANを利用することで、家族みんなが家のどこにいてもネットができるのは便利であり、ストレスが少ないのですが、その速度が遅いと不満に感じることがあります。特に動画を見たいときに、すぐに止まるのではストレスになってしまいます。ネットはさくさくとスムーズに使用したいものです。



そういう場合に、どのようなことができるかということですが、有線であればスピードはまずまずであるのに、無線にすると遅くなったと感じるということは確かにあります。無線LANの処理能力の問題でもありますし、無線は特に暗号化など複雑な処理を必要とするので、相当の性能を完備していることが求められ、反応が遅いという現象が起こり得ます。そしてどのようなインターネットを使っているのか、ルーターはどうなっているのかということが問題になる例がありますので、一定の調整はできたとしても限界があるのです。



そしてルーターとハブとWi-Fiの3つの要素のバランスの問題が生じることがあるのです。W-Fi機器には、ルーター機能とかハブ機能とかが組み込まれることがありますが、Wi-Fiの性能よりも、グレードの低いルーター機能やハブ機能が組み込まれた製品が多いため、無償の装置であれば低性能のため低速だと考えられます。そのため、無線LANにおけるネットが遅いと感じる場合は、機種に問題があるか、あるいは他の近所の無線LANと混線をしてしまっていることなどあるかもしれませんし、パソコンの設定のトラブルということもあります。



様々な原因が考えられるので調べてみることです。無線LANはすごくに便利ですが、障害物もなく、近くの地点では早いのですが、少し離れたり2階に上がったりすると、どのようにしても速度は落ちてしまいます。インターネット環境は大切なので、しっかりと調整してストレスなく使えるようにしたいものです。

更新情報